1分で読める 西野亮廣エンタメ研究所(2020年9月10日投稿記事)

西野亮廣エンタメ研究所

記事の要約

  • インスタ映えする内装にすることは、自宅を背景にして世界に向けて動画を配信している僕たち一人一人の課題
  • 最初から『働かせる前提』で壁を作ることが重要
  • 絵本の看板枠(看板広告枠)を販売することで、莫大な制作費を回収している

記事全文

こんにちは。

『えんとつ町のプぺル』のPV(ダンスバージョン)の撮影現場で、セットや美術や衣装に感動するインターン生の「かりんちゃん」から、「西野さんは、この空間作りのドコを担当されたんですか?」と質問されて、「…いや、僕、お金を出しただけで…」と返し、名実ともに成金になったキングコング西野です。

#かりんちゃんは悲しそうな目をしていた

さて。

今日は『回り続ける空間設計』というテーマで、お話ししたいと思います。

1ヶ月ほど前の記事で「現代は『壁紙』を取った者が強い」という話をさせていただきました。

よく「持ち家と賃貸、どっちが得なの?」という議論があります。

ただ、その議論はいつも「ローン」と「家賃」を天秤にかけるばかり。

損得の話をするのならば尚のこと、

国民全員が発信者になった時代なら尚のこと、

『建物そのものの労働力(生産力)』を考えないのはナンセンスだと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 建物の労働力ってどういうこと?

━━━━━━━━━━━━━━━━

僕はYouTubeのメンバーシップ(月額590円)で『スナック西野』という酔っ払い対談番組をお届けしているのですが、その番組のスタートに合わせて、それなりの工事費をかけて、リビングの壁をブチ壊して、家の中に時計台を作ったんですね。

当然、YouTubeのサムネイルには、その時計台(背景)がドカーンと出ます。

そのサムネイルが誰かの目に止まり、そこからメンバーシップ会員になってもらえれば、工事費は回収できます。

(※どこかのタイミングで工事費は結果タダになります)

お金の損得を理由に家を選ぶ時に、「その家には労働力があるのか否か?」というチェックは絶対に必要で、「1円も稼いでくれない家」ならば高いし、「年間200万円稼いでくれる家」なら格安で、「稼いでくれる家」なら、「持ち家か賃貸か?」の答えは迷う必要はありません。

「持ち家」です。

飲食店経営者は「インスタ映えする内装にしよう」と考えます。

そりゃ、料理の味以外の理由で集客できるにこしたことはありません。

しかし、この課題は、もはや飲食店経営者だけのものではないと僕は考えます。

自宅から世界に向けて動画を発信するようになった今、自宅を背景にしている僕たち一人一人の課題でもあると思います。

現代において、「労働力」と呼べるものは次の3つです。

① 人

② ロボット

③ 壁

ただ、③が「労働力」になったのは、インスタやYouTubeがデフォルト(生活の標準設計)になったここ数年の話で、「スタッフを雇おう」とか「ロボットを買おう」は考えても、「壁に稼がせよう」と考える人がまだまだ少ない印象です。

壁を「労働力」と捉えていない人が多い。

大切なのは、「最初から『働かせる前提』で壁を作る」ということです。

ちなみに『えんとつ町』は、「どこか和風テイスト」です。

僕が描く絵本に出てくる森の街も、「どこか和風テイスト」です。

理由はいくつかありますが、そのうちの一つに『看板枠を販売する』があります。

絵本の印税なんて、たかが知れていて、それだけでは分業制の絵本の制作費をまかなうことができません。

というわけで、和風の看板(および提灯)が多い町を作り、その看板枠(看板広告枠)を販売することで、莫大な制作費を回収しています。

現在、作っている『ボトルジョージ』という絵本はヨーロッパの街並が舞台の物語なので、少し看板枠が売りにくかったりします。

#それはそれでイイ

描き込まないタイプの絵本だと、そもそも背景でマネタイズすることは不可能。

#それもそれで素晴らしい

大切なのは、「働いてくれる背景なのか否か?」というチェックポイントを自分の中に持っておくことで、この感覚は全てのサービス提供者および個人が持っておいた方がいいと思います。

#株式会社NISHINOの若手スタッフの皆様

#これからいろんな空間を作ることになると思うけど

#背景を労働力として見ることを忘れないで

ちなみに、たった今、映画『えんとつ町のプぺル』の看板広告枠が買えるクラウドファンディングをスタートさせました。

購入者様の看板が画面に出るのは、僅か数秒ですが、ビル看板とは違って、一生残り続けます。あと、海外にも持っていきます。

広告効果というよりも、同じ時代に立ち会った思い出作りに是非!

現場からは以上でーす。

(※看板枠は完売しました)

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所
キングコング西野亮廣が運営する会員制コミュニケーションサロン「西野亮廣(にしのあきひろ)エンタメ研究所」。キングコング西野亮廣が考えていることや今後の作戦会議、悩み相談などをメインに話し合います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました