1分で読める 西野亮廣エンタメ研究所(2020年9月17日投稿記事)

西野亮廣エンタメ研究所

記事の要約

  • 人気作品のストーリー展開には『ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)』が多く見られる
  • 「上がったら、落ちる。そして、また這い上がる」という運動によって応援シロを設計し、【あの人】になることが重要
  • 「機能」「品質」「正解」がコモデティー化した現代において、スタッフをロボットのように扱うなんてもっての他

記事全文

おはようございます。

今日の午後に入っている講演会のテーマが『DX(デジタルトランスフォーメーション)で伸びる会社と取り残される会社』というテーマなので、これから「デジタルトランスフォーメーション」の意味を検索しようと思っているキングコング西野です。

さて。

今日は『スタッフの応援シロの設計』という、小さな会社にとってはこれからものすごーく重要になってくるお話しをしたいと思います。

━━━━━━━━━━━━

▼ ヒーローズ・ジャーニー

━━━━━━━━━━━━

人気作品のストーリー展開には、いくつかの「ひな形(様式)」があります。

その中でも有名なのが、神話研究の第一人者であったジョセフ・キャンベルが提唱した『ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)』です。

大体、こんな感じです↓

①日常の世界

②冒険への誘い

③冒険への拒絶

④賢者との出会い

⑤第一関門突破

⑥試練、仲間、敵

⑦最も危険な場所への接近

⑧最大の試練

⑨報酬

⑩帰路

⑪復活

⑫宝を持っての帰還

このストーリー展開を『ヒーローズ・ジャーニー』と呼ぶのですが、『ヒーローズ・ジャーニー』を下敷きに書かれた作品がヒットすることもあれば、「ヒットした作品がたまたま『ヒーローズ・ジャーニー』を辿っていた」ということもあります。

どうやら人間は、このストーリー展開を心地よく感じるみたいです。

音楽で言うところの「Aメロ→Bメロ→サビ」みたいなことです。

人気キャラクターを作るには、ストーリーの中に歓喜と落胆を上手くデザインし、視聴者(および主人公)の感情曲線を心電図のような『N字』にする必要があります。

#N字を繰り返しながら少し上がっていくのが理想

最初から完全無欠の主人公は誰も応援しないわけですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 「機能」「品質」「正解」がコモデティ化した今…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「コモデティ化」とは、類似商品・サービスが同時に販売されることで商品間の差がなくなり、市場価値が低下することを指します。

これは僕が口酸っぱく言っていることですが、インターネットによって情報や技術が共有された今、商品の「機能」で他社と差別化を図ることは極めて難しくなってきました。

「機能」の勝者は、その業界に一人だけでよくて(※Googleの次に検索しやすい検索サービスなんて要らない)、多くの中小企業は「機能検索(役に立つもの)」から「人検索(意味があるもの)」にシフトチェンジが求められています。

「ちょっと高くなるけど、応援している【あの人】から買いたい」みたいなノリです。

【あの人】になることがとっても重要で、ここを押さえておかないと、「低価格・高品質戦争」に巻き込まれて、まもなく、おもくそ死にます。

今、僕らが立ち止まって議論しなければいけないのは「【あの人】になる方法」です。

そこには「思い入れ」や「応援シロ」が大事なので、上げたら落とさなきゃいけません。

キングコング西野は、仕事が上手くいった後は、必ず地獄を用意しています。

#最近は1億4000万円の自腹で死んだよ

「もう、今の西野だったら、これはできるだろう」と思われてしまった仕事は積極的に捨てて、後輩にプレゼントします。

「上がったら、落ちる。そして、また這い上がる」という運動によって、応援シロを設計し、【あの人】になることが、とってもとっても大切で、これって『ヒーローズ・ジャーニー』なんです。

つまり、『ヒーローズ・ジャーニー』はファンタジー作家だけの課題ではなく、今は、ビジネスシーンでもメチャクチャ求められているわけですね。

……という話は、たぶん僕は3年ぐらい前に話しているので(※「自分のN字曲線を設計しろ」とか何とか)、聞いたことがある人もいると思います。

そんな中、今日の話というのは「自分のヒーローズ・ジャーニー」ではなくて、「スタッフのヒーローズ・ジャーニー」についてです。

会社が大きくなれば、実際に客前に立つのはスタッフなので、スタッフをお客さんにとっての【あの人】にする必要があります。

上げたら、落とさなきゃいけなくて、お客さんに、「ああ、もうっ!」と思ってもらわなきゃいけない。

#これを天然でやれているのがブロードウェイチームの小野さん

#小野さんは頻繁に泣きますww

「機能」「品質」「正解」がコモデティー化した現代において、スタッフをロボットのように扱うなんて、もっての他

あらゆるサービス業のメインコンテンツは『人(スタッフ)』なので、物語を描くように、チームを作っていく必要があります。

これこそが、現代リーダーの仕事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ というわけで…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日、インターン生(三期生)に「オンライン講演会を開催してみて」という課題を出してみました。

緊張しながらも頑張っている姿を皆様に見ていただいて、彼らを少しでも皆様にとっての【あの人】に近づけることが狙いです。

こういうのはスピード勝負ですから、最後に、「明日の記事でオンライン講演会の販売ページを紹介するので、今日中に販売ページを作って、リンクを僕のLINEまで送ってね♥️」と付け加えたのですが、彼らから昨日のうちに販売ページのリンクが送られてくることはありませんでした。

なので、三期生のオンライン講演会は中止します(笑)

文字だと伝わらないかもしれませんが、本当に(ホントに!)1ミリも怒っていなくて、「こういう世界だよ」ということを伝えるには、これが一番だと思います。

ここは小学校じゃないので、誰も尻を叩いてくれません。

「やらなかったら、終わる」「チャンスは一度」というシンプルな世界戦です。

今回の結果を受けて一番ダメな対応が「誰か一人の責任にすること」で、「ん? 動きが遅いな」と思って、動かなかった人間(チーム)もろともの責任です。

個人は悪くありません。

「販売ページを作って、リンクを送る」は3分でできる仕事で、そこに1日かけちゃうようでは話になりません。

#相手が他の会社の人間だったら1秒で契約を切ってます

#ちなみに吉本興業でも切ってます

三期生にとっては今回がすっごく勉強になったと思うので、皆様どうか、引き続き三期生の応援を宜しくお願いします。

#どなたか三期生を慰める会を開催してください

【三期生へ】

クリエイティブやコミュニティー形成は誰よりも丁寧に、じっくりコトコトと。

ただし判断は3秒で。

それが難しいのならば西野には近寄らない方がいい。

ここは世界戦です。

そして、インターン生になりたくても、なれなかった子達の痛みを知ってください。

あなた達のことを、おもくそ応援しています。

めいっぱいの愛を持って。

西野亮廣(キングコング)

現場からは以上でーす。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所
キングコング西野亮廣が運営する会員制コミュニケーションサロン「西野亮廣(にしのあきひろ)エンタメ研究所」。キングコング西野亮廣が考えていることや今後の作戦会議、悩み相談などをメインに話し合います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました