1分で読める 西野亮廣エンタメ研究所(2020年9月20日投稿記事)

西野亮廣エンタメ研究所

記事の要約

  • 「自己を満たしてくれるプラットフォーム」には需要がある
  • 自分を掘り下げてくれるサービス(※上質な自己満足をさせてくれるサービス)はいろんなシーンで転用可能
  • 『あなたをインタビューして、あなたの特集記事を書きます』というサービスが完売した

記事全文

こんにちは。

「お酒を呑んだ後はヘパリーゼを飲むといい」という話を聞いて、お酒の中にヘパリーゼを混ぜてくれないかなぁと思っているキングコング西野こと「アル中の向こう側」です。

さて。

今日は、前々から「ここ、可能性あるなぁ~」と睨んでいる『コスプレ型ビジネス』について、お話ししたいと思います。

※『コスプレ型ビジネス』というのは今生まれた造語です。

━━━━━━━━━━━

▼ ラジオDJを買う人達

━━━━━━━━━━━

僕は仕事柄(サロンメンバーさんとの呑み会も含む)、ジャンル問わず、いろんな人とお話しさせていただいております。

先日、とっても面白い活動をされているサロンメンバーさん達とお話しさせていただく機会がありました。

彼女達は皆、主婦なのですが、主婦業の傍ら、地方のFMラジオで「ラジオDJ」をされているそうです。

「どうすれば、もっとたくさんの方に私達のラジオを聴いてもらえますかね?」という相談を受け、「…ていうか、その前に(あんまり聴いてもらっていないのに)よく、スポンサーがつきましたね」と質問したところ、「…いえ。西野さん、私達の番組にはスポンサーはついていないのです」と返ってきました。

聞けば、自分達で放送枠を買って、自分達で発信しているそうです。

たくさんの人に聴いてもらえる番組にならないとスポンサーが付かないので、自分達で自分達のスポンサーになっているのだと。

「これでは、お金が回らないので、なんとか聴いてくれる人を増やしたい」と…そういうわけです。

……でも、これ、不思議に思いません?

そんなに聴いてもらいたいのであれば、地方のFM局でやらなくても、YouTubeで発信したらいいじゃないですか?

今は、ラジオよりも、YouTubeの方が身近にありますし、YouTubeであれば「放送枠を買う」みたいなことをしなくて済みます。

それでも、ママさん達は言うんです。

「ラジオじゃなきゃダメなんです」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 「ラジオを求める人」のラジオの価値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前から、ラジオのレギュラーを欲しがるタレントさんに対して、「どうしてラジオを求めるの?」と、ずっと疑問に思っていました。

「テレビに出たい!」は理解できるんです。

ネットよりもずっとずっと多くの人に見られているので。

ただ、「ラジオに出たい!」がイマイチよく分からなくて、「テレビよりも自由に喋れるから」というのであれば、YouTubeだって同じだし、YouTubeの方が遥かに多くの方に聴かれるし、さらに過去の放送がアーカイブとして資産にもなる。

合理的に考えるとラジオに勝ち目はないハズなのですが、それでもラジオを選ぶ人がいます。

どうやらラジオは「役に立つ」ではなくて、「意味がある」の領域に突入していて、どうやら面白い。無視できません。

ラジオを選ぶ人達が「ラジオのどこを選んでいるのか?」が気になった西野は、ここぞとばかりにママさん達に質問攻め。

答えを探りにかかります。

すると、ママさん達がラジオの「どの部分」を買っているのかが見えてきました。

どうやら、「ラジオブースに入りたい」らしいのです。

有名人の密着ドキュメントとかでチラチラ映る「あのラジオブース」に入って、「あのヘッドフォン」をして、天井からブラ下がっている「あのイイ感じのマイク」に向かって喋りたいらしいのです。

「YouTubeには、それがないでしょ?」と。

なるほど。脳天を撃ち抜かれました。

彼女達の中では「合理的に発信したい 〈  ラジオブースに入りたい」という構図になっていて、要するに、『コスプレ』なんです。

「あの有名人がやっていたことを、私もやりたい」です。

もしかすると、『オールナイトニッポン』のレギュラーが決まってガッツポーズを決めるタレントさん達も、紐解くと、「歴代のスター達のコスプレができた喜び」が僅かにあるのかもしれません。

「あの人達が座っていた枠だ」という。

とりわけ面白いのが「YouTubeの方が聴かれるかもしれないけれど、ラジオ枠を買って、ラジオブースに入るママさん達」です。

それは部屋の中でコスプレをするような感じで、もはや見られる為にやっていなくて、雑に言っちゃうと「自己満足」。

矢印は自分に向いています。

ただ、「発信を手伝ってくれるプラットフォーム」ではなく、「自己を満たしてくれるプラットフォーム」に需要があることは事実です。

ふむふむ。こいつは面白いぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ さて、これを、どう転用するか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、ニシノコンサルで「書くことで食っていきたいのですが、そのマネタイズ方法が…」という相談を受けました。

サロンメンバーの「櫛野(くしの)さん」という方です。

情報がコモディティー化した今、他人が書いた記事にお金を払うのって、なかなかハードルが高いじゃないですか?

「毎日、数万人に読まれる」という状況に持っていけば、書くことで食っていけるのかもしれませんが、そんなのほぼ無理ですよね。

毎日、数万人に読まれるネタを提供しようと思ったら、とんでもない量のインプットを続けなきゃいけない。

「書くことで食っていく」ってメチャクチャ難しいんです。

櫛野さんから御相談を受けて、あれやこれやと思考を巡らせているうちに、さっきのラジオの話を思い出しました。

「合理的に発信したい 〈  ラジオブースに入りたい」という構図になっているママさん達の話です。

あの話を、執筆業に転用した時に、

・たくさんの人に読まれる=お金になる

・あんまり読まれない=お金にならない

というのは固定概念で、「あんまり読まれないけど、お金になる」というパターンもあるな、と。

そこで、「記事における【コスプレ】は何か?」と考えた時に、『インタビュー』があると思いました。

つまり、「お金を払ってでも、インタビューされる側(特集記事を組まれる側)にまわりたい」という需要があるのではないか?と。

てなわけで、

『あなたをインタビューして、あなたの特集記事を書きます』というサービスをスタートしてみてください。これならば、たくさんの人に読まれなくても、マネタイズができると思います」

と櫛野さんに提案したところ、すぐに動いてくださり、櫛野さんが出された『あなたの人生を記事にします(5000円)』は秒速で全て完売しました。

#まじで一瞬で売れた

「たくさん売るぞー!」「バズらせるぞー!」というオラオラ資本主義が限界にきている今、「自分を掘り下げてくれるサービス(※上質な自己満足をさせてくれるサービス)」は、たぶん可能性があって、これはいろんなシーンで転用できると思います。

僕は『えんとつ町のプペル美術館』の中に有料のラジオブースを作ろうと思いました。

一度、ご自身のサービス内で考えてみてください。

現場からは以上でーす。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所
キングコング西野亮廣が運営する会員制コミュニケーションサロン「西野亮廣(にしのあきひろ)エンタメ研究所」。キングコング西野亮廣が考えていることや今後の作戦会議、悩み相談などをメインに話し合います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました