スピリチュアルに興味はあるけど胡散臭くて怖い!対策をご紹介

生活・習慣

本当はスピリチュアルと呼ばれるものに興味があるし、いろいろ調べてみたい。けどスピリチュアル界隈の人はどの人も胡散臭く見えて、誰を信頼していいかわからない。怪しいばかりか実際に詐欺師も多いと聞く。私はどうすれば…。

今回はそんな悩みを抱える方に向けて、少しでも参考になればと思い筆者なりの対策をご紹介させていただきます。筆者自身スピリチュアルには多大な興味がありいろいろと調べたりしてきたのですが、同時に絶対に詐欺師にお金を騙し取られないという決意があります。なぜなら超ドケチだからです。この資本主義社会においてお金を持っているというのは大きな意味を持ちます。お金が全てではありませんが、お金がないという理由で失ってしまうものが多いのも事実です。実際詐欺師たちの目的もお金を騙し取ることなので、自分の資産を守ることに常に意識を配ることは重要な自己防衛になります。スピリチュアルはうまく使えばお金が増えるだけではなく人生そのものがどんどん楽しく幸せになっていくくらいのパワーを持っているのですが、スピリチュアルを餌にした詐欺師に騙されてしまうと当然真逆の結果になってしまいます

ではスピリチュアルに触れつつも資産を守り抜くためにはどうすればいいのでしょうか。今回は筆者自身の経験や他の人たちの言葉を参考に対策をご紹介させていただきます。

スピリチュアルの定義

まずはスピリチュアルとはなんなのか、その定義から話していこうと思います。辞書で調べれば正確な定義があるのだと思いますが、この記事では「目に見えない力や概念のこと」と定義しようと思います。目に見えないものと聞いただけで拒否反応を示される方も多いのでしょうが、この記事をお読みいただいている方はおそらくそういうものに興味があって、それゆえにもっと知りたいという好奇心と騙されるのではという恐怖心が戦っている状態なのではないでしょうか。

スピリチュアルを胡散臭いと思っている人でも、友情や愛情というものの存在は知っているし、お正月には初詣に行くと思います。スピリチュアルもその延長線上にある概念だというのが筆者の意見ですが、記事の主題から外れるためここでは割愛します。

スピリチュアルの現状

スピリチュアルについて語っている人は多くいます。もちろんまともなことを語っている人もいるし、信じ込みやすい人を騙して大金をせしめとる人もいることでしょう。スピリチュアル界隈の人がみんないい人であればこんな記事を書く必要もなかったのですが、現実はどうもそうではないようなので、少しでも助けになれればと思いこの記事を書いています。

スピリチュアルと似た境遇にあるのは、例えば占いや宗教などでしょうか。元は人々が幸せに生きるための道標となるはずのこれらのジャンルが、詐欺師がウヨウヨする世界になってしまったのは非常に残念なことです。まっとうにこれらに取り組んでいる人たちに対しても失礼ですよね。

騙されないための対策

いよいよここからは騙されないための具体的な対策についてご紹介していきます。どれも筆者自身が実践していることです。

とにかくお金は出さないと決める

迷ったら、とにかくお金は出さないと決めてください。詐欺師の目的はただ一つ、あなたの財産を奪うことです。易々とそれを差し出してはいけません。価値を提供してその対価にお金をいただくのがビジネスなのでなんでもかんでもお金を出さないというのは実は本質的ではないのですが、少しでも心配ならはじめは「絶対にお金は出さない!」くらい極端に構えておくのが安心だと思います。

実際あのひろゆきさんも「他人に金を出さないというルールを守る」ことが重要だと動画で語ってました(切り抜きですみません)。

お金は大事です。安易に他人に差し出しては絶対にいけません。他人にお金を出さないというシンプルなルールだからこそこれは効果が高いと考えています。

マネーリテラシーを高める

対策1つ目にも通じるのですが、マネーリテラシー(金融リテラシー)を高める努力をしてください。マネーリテラシーとは、お金に関わる知識や判断力のことを言います。筆者が参考にしているリベラルアーツ大学のYouTubeでは、一貫してお金にまつわる5つの力を鍛えようということを伝えています。

  • 貯める力
  • 稼ぐ力
  • 増やす力
  • 守る力
  • 使う力

バランスよく5つの力を伸ばすことが重要なのですが、中でも「守る力」を鍛えるということが1つ目の「とにかくお金を出さないと決める」と繋がるかなと思います。守る力の詳細はリベ大のブログをご参照ください(直接スピリチュアル詐欺という項目は出てきませんが、他の項目も十分参考になるかと思います)。

マネーリテラシーが高くなるとお財布の紐が固くなりますし、お金を使う前に一旦立ち止まる癖がつきます。またお金が自由の土台になることが理解できて、本当に自分や大切な人のためになる使い方をしようと考えられるようになります。日本人はマネーリテラシーが低いと言われますが、もしかするとこのことが詐欺被害の多さに繋がってしまっているのかもしれません。

もちろんこの記事を書いている筆者の言うことも100%信じるのではなく疑ってもらって大丈夫です。リベ大の両学長のことも、好意的な意見が多いですが中には怪しいと言っている人もごく一部います。もし信じられないようであれば、リベ大以外のチャンネルやブログ、本からでいいので少しずつお金の勉強を始めることをお勧めします。

お金の勉強の一環で簿記を学ばれる場合は下記の記事もご参照いただけます↓

本を読む

他人には一切お金を出すなとは言ったものの、本に限っては投資価値があるというのが筆者の意見です。筆者のと言うより、「成功者ほどよく読書をする」というのは各所で言われていることですよね。まともな本であれば一冊せいぜい千円ちょっとですので、仮にイマイチな内容だったとしても大きな痛手にはなりません。ただし中身が詐欺的な内容で洗脳されてしまい結局その著者のセミナーに何十万円も使ってしまったとかになると洒落にならないので、まずは世界的な大ベストセラーの本から読むことをお勧めします。名著を調べるといくらでも怪しくはなさそうな本が出てくるので、それを読んでみるのです。

スピリチュアルど直球の本の中にも世界的ベストセラー本はあるのでそれを読めばいいのですが、できればバランスを取るためにスピリチュアル以外のカテゴリの本を合わせて読むといいと思います。具体的にはビジネス書や自己啓発書などです。小説の中にもいい人生を生きるヒントとなるような本がたくさんあります。スピリチュアルがなんのために存在するのかといえば、より豊かなで幸せな人生を生きるためです。少なくとも筆者はその目的でスピリチュアルの知識を活用しています。その目的で考えると、ビジネス書や自己啓発書はスピリチュアルと同じくらい、あるいはそれ以上に役に立つんですね。ぜひみなさんにも視野を広げて多くのジャンルの本を読んでみていただきたいと思います。
※自己啓発界隈にも詐欺師が多いらしいので本の選定にはくれぐれもご用心を。ご要望が多ければ具体的なお勧め本についても記事を書こうと思います。

スピリチュアルと賢く付き合おう

スピリチュアルという目には見えない世界(ゆえに騙しやすい世界)に触れるからには、自己防衛の知識と意識を持つ必要があります。はじめはすべての人を疑ってかかるくらいでちょうどいいでしょう。せっかくならスピリチュアルと賢く付き合い、自分の人生を本当の意味で豊かにしていきませんか。大丈夫、誰かにお金を貢がなくてもあなたは幸せに生きていけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました