はいむるぶし【大浴場レポ】アメニティや混雑時間は?

旅行・ホテル

沖縄県小浜島にあるはいむるぶし。そこの大浴場を利用したので細かくご紹介していこうと思います。

展望大浴場概要

はいむるぶしの敷地内に位置する西表島展望大浴場は、センター棟からゲート方面に向かって進んだ海の近くにあります。

営業時間6:30~8:30、15:00~23:00
浴場露天風呂、大風呂、丸風呂
備考※密集対策のためご利用人数制限を実施しています。
混雑時はご利用をお待ち、お断りさせて頂く場合がございますのでご了承ください。
※脱衣室、浴室内では、お客様同士で社会的距離を保ってご利用頂けますよう、ご協力ください。
※バスタオルは客室よりお持ちください。
一部公式ホームページより抜粋

露天風呂からは海や西表島の雄大な景色が見渡せます。景色を目当てに各時間帯で入りに行くのも楽しそうですね。

時期によっては大浴場の入り口に無料のアイスキャンディが置かれているので、お風呂上がりの火照った体を美味しくクールダウンさせることができます。

無料のアイスキャンディ
4種類ほどの味の中から選べます

もちろんお水やお茶も無料で提供してくれているので、水分補給に困ることはありません。

アメニティ

大浴場には以下のアメニティが完備してあります。

  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ
  • 石けん
  • メイク落とし
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 乳液
  • タオル
  • ドライヤー
  • ブラシ、剃刀、綿棒

基礎化粧品は一通り揃っているので、自分で用意する必要がなく安心です(とはいえもしこだわりの化粧品があるならそれを持参するのがいいと思います)。さらに女湯の方はシャンプーとリンスをシャンプーバーのラインナップの中から好きな物を選んで使うことができます。

一点だけ、バスタオルは大浴場内には用意されていないので、必ず客室から持っていくようにしましょう。

広さと混雑時間

大浴場とはいうものの、広さだけで見ると全体的にこじんまりしている印象でした。露天風呂はロケーションがいいだけに人気がありそうなので、この面積だと譲り合いが必要になりそうだと感じました。女性が入浴後長い時間利用することになる洗面台は8台だったため、こちらも混雑時は待ち時間が発生しそうです。

周りを気にせずゆっくり入りたかったため私たちは16時台に入りに行きましたが、流石にその時間帯は数人しかおらず、狙い通り露天風呂を満喫することができました。17時過ぎからは少し人が増えてきた印象だったので、やはり夜の時間がもっとも混むのではないかと思います。

大浴場の混み具合はこちらの公式サイトからリアルタイムに確認することができます。定期的に確認し空いている時間帯を狙って行くのが良さそうですね。

入り口の待合スペースも広くはないため、男女で分かれて入る時はあらかじめ待ち合わせ時刻を決めておくことをおすすめします。

はいむるぶしの大浴場で心も体もリラックス

はいむるぶしの展望大浴場をご紹介しました。沖縄の離島の景色を眺めながらの露天風呂体験はなかなかできるものではないので、ぜひ満喫いただければ幸いです。混雑時間回避でゆったりとした時間をお過ごしください。

はいむるぶしのテイクアウトブッフェのご紹介はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました